- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュア・紀平選手が1年半ぶり復帰戦 SP6位発進

© Sputnik / Alexander Vilf / メディアバンクへ移行紀平梨花選手
紀平梨花選手 - Sputnik 日本, 1920, 24.09.2022
2018年グランプリ(GP)ファイナル覇者で、けがで昨シーズンは欠場した日本の女子フィギュア・紀平梨花選手(20)が24日、全日本選手権の予選となる中部選手権に出場した。ショートプログラム(SP)で56.69点をマークし、6位スタートとなった。日本の各メディアが伝えている。
デイリースポーツによると、今大会は紀平選手にとって昨年4月の世界国別対抗戦フリー以来となる約1年半ぶりの実戦。2季前から使う「The Fire With in」で難度を落とした構成で臨み、ダブルアクセル、トリプルサルコーといったジャンプを跳んだ。
演技後、紀平選手は「(点数は)見慣れない数字だったのでガックシきた。演技内容はベストではないが大きなミスはなく、次に繋がる演技だった」と話したという。
紀平選手をめぐってはこのごろ、カナダ人コーチのブライアン・オーサー氏が「梨花はこれまで通りけがと闘っている。また飛べるようになるためには、けがだけはなんとかしなくては」と怪我の状態について案じていると報じられた。
関連ニュース
フィギュア・ロンバルディア杯 日本の渡辺倫果が初優勝 坂本花織は2位
「羽生結弦の存在が試すことを促した」米イリア・マリニンが大会で4回転半ジャンプに成功 世界初
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала