世界銀行、アジアのGDP成長率予想を下方修正 中国の失速で

© Fotolia / Chungkingアジア屈指の経済都市、中国・上海
アジア屈指の経済都市、中国・上海 - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2022
世界銀行はこのごろ、2022年の東アジア・太平洋地域の国内総生産(GDP)成長率の予想を5パーセントから3.2パーセントに引き下げた。ロイター通信が伝えた。背景には中国の経済成長の失速があるという。一方、世銀の専門家によると、来年には成長のテンポは加速するという。
最新の世銀の予想によると、東アジア・太平洋地域諸国のGDP成長率は昨年の7.2パーセントから3.2パーセントに落ち込むとみられている。主な要因には中国の経済成長の鈍化があるという。一方、中国以外の国々だけでみると、昨年の2.6パーセントから今年は5.3パーセントに跳ね上がる。
中国の経済成長鈍化の要因について世銀は、中国政府の厳しいゼロコロナ政策によるロックダウンなどで国内・国外市場の産業や小売があおりを受けたことが主要因だと説明している。
フィッチ 2022年国際GDP予測を下げる - Sputnik 日本, 1920, 19.06.2022
フィッチ 2022年国際GDP予測を下げる
地域23カ国の経済生産のうち86パーセントを占めている中国で、GDP成長率予想が5パーセントから2.8パーセントに下がったことで、地域全体の成長率の押し下げ要因となったのだ。ただ、中国は2021年に8.1パーセントとここ10年で最も高い成長をみせており、成長鈍化は一時的なものとみられている。2023年には中国のGDP成長率は4.5パーセントと見込まれている。
中国の経済成長をめぐっては、2030年代半ばに人口減少によって減速すると予想されている。
関連ニュース
米国GDP 40年ぶりに中国を上回る勢い バイデン大統領
北朝鮮への経済支援に関する「大胆な構想」実現のための条件をつくる=韓国
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала