イエメン内戦、停戦延長に合意できず

© AP Photo / Wael Qubadyイエメン、フーシ派
イエメン、フーシ派 - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
イエメン北部を支配する反政府組織「アンサー・アッラー」(武装組織フーシ)と政府は、同国で 6ヶ月間有効となっており、2日夜に期限を迎えた停戦延長について、合意できなかった。一方で、協議は継続されるという。国連のハンス・グランドバーグ担当特使が声明を表した。
グランドバーグ担当特使の声明には「4月2日以来イエメンで有効となっており、現地の情勢を大幅に改善させた停戦の6ヶ月延長について、合意に至らなかったことを遺憾に思う。私は解決策を見いだすために引き続きすべての当事者と協力し、停戦延長の合意に達するよう努める」と指摘されている。
パレスチナのハマスの指導者がモスクワを訪問 「ロシアの外交政策の立場を共有」 - Sputnik 日本, 1920, 14.09.2022
パレスチナのハマスの指導者がモスクワを訪問 「ロシアの外交政策の立場を共有」
また、紛争当事者に対し、紛争の激化につながるような挑発行為を避けるよう呼びかけた。
これに先立ちフーシ派は、支配下にある領土で産出された石油やガスの売却によって補充される政府予算に同地域の公務員に給与を支払う費用を計上するという要件を関連づけ、停戦延長への合意にまつわるにアラブメディアの情報を否定した。また、イエメン政府を支援する隣国サウジアラビアとUAE(アラブ首長国連邦)の石油インフラへの爆撃を再開すると威嚇した。
関連ニュース
イエメン大統領評議会、権力の座に 南都アデンで宣誓式
イエメン フーシ派が外国軍の撤退を要求 交渉開始のため
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала