日米韓、北朝鮮ミサイル発射を受け協議=日本外務省

© AP Photo / Kim Hong-Ji日米韓の特別代表(2022年6月)
日米韓の特別代表(2022年6月) - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
北朝鮮が4日午前に弾道ミサイルを発射したことを受け、日米韓による電話協議が行われた。協議には日本の船越健裕アジア大洋州局長、ソン・キム米国北朝鮮担当特別代表及びキム・ゴン韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長が参加し、日米韓で引き続き緊密に連携することを再確認した。
日本外務省の報道発表によると、日本の船越局長は「北朝鮮がおよそ5年ぶりに、我が国上空を通過させる形で弾道ミサイルを発射したことは極めて遺憾であり、断じて容認できない」旨述べた。
また、三者は「先週の1週間で4回にも上る弾道ミサイル発射に続き、本日の弾道ミサイル発射を強く非難した。」北朝鮮が核・ミサイル活動を強化していることについては「国際社会に対する明白かつ深刻な挑戦であるとの認識を改めて共有した」という。
北朝鮮、韓国 - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
北朝鮮 ミサイル発射後、南北間の定時連絡行われず=聯合ニュース
その上で、「国連安保理での更なる対応、日米韓の安全保障協力を含む地域の抑止力強化等について、引き続き日米韓で緊密に連携することを再確認した」と強調されている。
北朝鮮は4日午前7時22分ごろ、日本海に向けて中距離弾道ミサイルを発射した。ミサイルは日本の東北地方上空を通過し、太平洋の日本のEEZ(排他的経済水域)外に落下した。日本政府は当該のミサイルについて、飛距離約4600キロ、最高高度約1000キロと推定している。また、韓国軍合同参謀本部は、その速度についてマッハ17(音速の17倍)と探知されたとしている。日本の浜田防衛相は、当該のミサイルについて過去最長とされるとの見方を示した。
関連ニュース
北朝鮮のミサイル、東北上空を通過 岸田首相は「強く非難」
北朝鮮 米韓合同軍事演習に原子力空母が参加したことを非難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала