日本 「KADOKAWA」会長が辞任 東京オリパラ汚職事件

© AFP 2022 / Stephen Shugerman「KADOKAWA」の角川歴彦会長
「KADOKAWA」の角川歴彦会長 - Sputnik 日本, 1920, 05.10.2022
日本では5日、出版大手「KADOKAWA」の角川歴彦会長(79)が、東京オリンピック・パラリンピックの汚職事件をめぐり、会長職を辞任したことが分かった。テレ朝ニュースが報じている。
会見を開いた同社の夏野剛社長によると、角川氏から会長と執行役員の職を辞任するとの申し出があり、5日の取締役会で承認されたという。また角川氏は取締役を引き続き務めるため、今後も「ある程度は経営に関わる」ことになるという。
旧統一教会、信者による最大献金額を月収の3割に設定 - Sputnik 日本, 1920, 05.10.2022
日本の政治家と旧統一教会のつながり
旧統一教会、信者による最大献金額を月収の3割に設定
9月14日、東京地検特捜部は東京オリパラをめぐる汚職事件で大会スポンサーを務めた「KADOKAWA」の角川歴彦会長(79)を贈賄容疑で逮捕した。その後の10月4日には、角川被告が東京大会のスポンサー選定で便宜を受けたことへの謝礼として組織委員会元理事の高橋治之被告に総額6900万円の賄賂を渡していたとして、東京地検特捜部に起訴された。
関連ニュース
穴だらけ 脆弱な日本のインフラ監視システム パスワード管理のずさんさも
日本 大企業製造業の景気判断、3期連続で悪化=日銀短観
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала