日本 大企業製造業の景気判断、3期連続で悪化=日銀短観

© Sputnik / Natalia Seliverstova東京・港区
東京・港区 - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
日本銀行が3か月ごとに国内の企業1万社近くに景気の現状などを尋ねる「企業短期経済観測調査(短観)」の9月調査で、大企業製造業の景況感を示す指数は前回の6月調査から1ポイント悪化のプラス8となり、3期連続で悪化となった。日本の各メディアが報じている。
日銀の「短観」は、国内の企業9200社余りに3か月ごとに景気の現状などを尋ねる調査で、景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた指数で景気を判断する。
今回の調査で、大企業製造業の指数はプラス8と前回調査から1ポイント悪化し、3期連続で悪化となった。
日本、スーパー - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
日本 70%が物価高の影響「感じる」=朝日新聞世論調査
部品不足の影響が解消されたことにより「自動車」などの業種で景気判断は改善した。しかし、「非鉄金属」や「紙・パルプ」など幅広い業種が、原材料価格の高騰の影響を受け、収益が圧迫されていると回答した。
一方、大企業非製造業の指数はプラス14ポイントと、前回調査を1ポイント上回り、2期連続で改善した。新型コロナの感染が拡大したが、厳しい行動制限措置がとられなかったことで「運輸・郵便」や「宿泊・飲食サービス」などが改善した。
関連ニュース
日本企業の給与、コロナ拡大前の水準に回復
住民税非課税世帯への5万円給付は体系的な問題を隠蔽 日本人専門家の見解
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала