ロシアは米国にとって敵国のステータスを獲得した=駐米ロシア大使

© Sputnik / Vladimir Pesnyaロシアは米国にとって敵国のステータスを獲得した=駐米ロシア大使
ロシアは米国にとって敵国のステータスを獲得した=駐米ロシア大使 - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2022
ロシアは米国にとって敵国のステータスを獲得した。米国では誰一人としてロシアとの対話に前向きな姿勢を示していない。ロシアのアナトリー・アントノフ駐米大使が国営テレビ「第一チャンネル」の生中継に出演した中で発言した。
アントノフ駐米大使は、ロシアが米国で敵国としてのステータスを獲得し、この世から殲滅されるべきモンスターになったと発言した。西側はロシアを疲弊させ、自身の要求を遂行させ、他国と対等な立場で対話させるつもりがないとした。また大使は文化、スポーツに始まり、戦略的安全保障に至るまでのあらゆる分野で対話、交流が停止していることに懸念を示した。
状況が許せばウクライナ危機を外交で解決=EU上級代表 - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2022
状況が許せばウクライナ危機を外交で解決=EU上級代表
現在、米国との間で連携が維持されているのは一部の宇宙開発、シリア問題、大量破壊兵器の不拡散などに限られているという。
大使はウクライナ危機について言及した中で、ロシアはクリミアや新たに獲得した地域について、自国領として保護していくとした。
米国防総省はクリミアに対するウクライナ軍の攻撃を許可すると発表していた。
関連ニュース
EUの国民の過半数がウクライナへの武器供給継続に賛成=世論調査
平和条約を含め日本との関係交渉は不可能=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала