ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)州、ヘルソン州のロシア連邦への編入 - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポロジエ州、ヘルソン州のロシア連邦への編入
ロシア憲法裁判所は、ロシア大統領が提出したドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポリージャ(ザポロジエ)州、ヘルソン州のロシア連邦への編入に関する文書を承認した。文書は下院で3日に、上院で4日に審議される予定。9月30日、モスクワのクレムリンで調印式が行われ、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と4地域のトップがこれらの地域のロシアへの編入に関する条約に署名した。これに先立ち、各地域で住民投票が行われ、4地域の住民の大多数がロシアへの編入を支持した。

EU 新たな対露制裁を採択 今度はロシアの新たな構成主体に適用

© Sputnik / Vladimir Sergueev / メディアバンクへ移行ロシアと欧州の旗(アーカイブ写真)
ロシアと欧州の旗(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2022
欧州連合(EU)は、新たな(第8次)対露制裁の一環として、ドネツク・ルガンスク人民共和国に対する制限措置をザポリージャ(ザポロジエ)州とヘルソン州にも拡大した。EU理事会がウェブサイトで声明を発表している。
第8次対露制裁には、以下の制限措置が含まれている。
EUが導入する新たな対露制裁では、鉄鋼製品、機械、化学製品、プラスチック製品、タバコなどの商品の輸出入の禁止を拡大する。
EUの制裁では、上限を上回る価格でのロシア産原油の海上輸送が12月から禁止され、2月からは石油製品の輸送も禁止される。
EUの制裁では、鉄鋼製品、機械、化学製品、プラスチック製品、タバコなどの輸出入禁止を拡大し、制裁を回避するためのスキームに関与する者を罰することが定められている。
EUによる新たな制裁では、ロシア国民とその居住者が保有する仮想通貨のウォレットを維持することを禁止する。
この制裁には、多くのロシア国有企業でEUの国民が上級職に就くことを禁止する措置が含まれている。
9月30日、ロシアのプーチン大統領はクレムリンで、ドネツク・ルガンスク両人民共和国、ザポリージャ、ヘルソン両州の住民投票の結果について演説し、その後、各地域の首長らとロシア編入に関する条約に調印した。プーチン大統領は6日、これらの地域のロシア連邦への編入を批准する連邦法に署名した。
関連記事
「プーチンは止められないようだ」 米議会が対露制裁の失敗を認める
G7、NATO、EU「編入認めず」 米英など、追加制裁も発動
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала