「事実をあるがままに述べよ」、ノルド・ストリームのガス漏れ調査結果についてロシア外務省がコメント

© Sputnik / Evgrni Odinokov「事実をあるがままに述べよ」、ノルド・ストリームのガス漏れ調査結果についてロシア外務省がコメント
「事実をあるがままに述べよ」、ノルド・ストリームのガス漏れ調査結果についてロシア外務省がコメント - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2022
スウェーデン政府はロシアの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」、「ノルドストリーム2」で発生したガス漏れの調査結果を踏まえ、パイプラインで生じた爆発を「サボタージュ」と評価したものの、これは工作活動、過激主義、テロ行為に他ならない。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が表明した。
スウェーデン当局の調査により、「ノルド・ストリーム」で起こったガス漏れは工作活動によるものだった可能性が高まった。付近でも爆発の痕跡が見られたという。これについて公式発表では、「野蛮なサボタージュ」という言葉が使われた。これに対し、ザハロワ報道官はテレグラムのページに投稿した中で次のように記した。
「教えてください。いつから我々は天然ガスパイプラインの爆破をサボタージュと呼ぶようになったのでしょう。工作活動、過激主義、テロ行為と呼んだほうがシンプルでしょう。ストックホルムは事実をありのままに言うのを恐れているのでしょうか。何故そのようなデリカシーが必要なのでしょうか。新たな発見を恐れているのでしょうか」
ノルドストリームのガス漏 - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
スウェーデン海軍の艦船 ノルドストリームガス漏れの数日前に同水域に位置
またロシアのセルゲイ・ラゾフ駐伊大使は現地メディアRai1の取材に応じた中で、ロシア側が自らパイプラインを爆破したという西側の憶測について、反ロシアのプロパガンダを行使すればあらゆる憶測をねつ造できるとしたうえで、「そんなことをする馬鹿はロシアにいませんよ」と冷ややかに語った。
9月26日、ロシアが欧州向けにガスを輸送するパイプライン「ノルドストリーム1」と「ノルドストリーム2」の2か所で同時にテロが行われた。
関連ニュース
中国紙、ノルドストリームのガス漏れをめぐるNATO対応について解説
ノルドストリームガス漏れ どのような影響をもたらす恐れがあるのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала