スウェーデン海軍の艦船 ノルドストリームガス漏れの数日前に同水域に位置

© 写真 : Forsvarskommandoenノルドストリームのガス漏
ノルドストリームのガス漏 - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
バルト海でのガスパイプライン「ノルドストリーム 1」と「ノルドストリーム2」が爆発し、それが原因でガス漏れを起きた数日前に、スウェーデン海軍の艦船がその水域にいたことが、スウェーデンの有力日刊紙「Dagens Nyheter」の取材により明らかになった。
Dagens Nyheter紙は、ノルドストリーム1,ノルドストリーム2付近でのスウェーデン軍艦の移動情報を得るために、船の位置を表示する送信機を使って、その動きを追跡する商業サービスを利用した。
Dagens Nyheter紙が入手した情報で、9月22日、まさに3か所のガス漏れが発見されたそれぞれの場所にスウェーデンの軍艦が位置していたことが明ら かになった。Dagens Nyheter紙は、スウェーデン海軍の艦船の位置がさらにもうひとつのガス漏れ現場で確認されていなければ、これは偶然の一致と考えられたかもしれない、と書いている。この異常なまでの偶然の一致を受けて、Dagens Nyheter紙はスウェーデン海軍に対し、スウェーデン船がなぜ破壊工作の水域に位置していたのか、その目的を明らかにするよう要請した。
スウェーデン海軍は、同艦がこの海域で位置していたこと、海上監視を行っていたことは認めたものの、監視の目的については、機密情報としてコ メントを避けた。
ノルドストリームパイプラインのガス漏れ現場。ビデオのスクリーンショット - Sputnik 日本, 1920, 29.09.2022
NATOにはノルドストリームのようなものを爆破できる水中ロボットがある=専門家
スプートニクは、ノルドストリーム爆破は国際的なテロ行為であり、ロシア情報機関は西側諸国がこの犯罪の背後にいることを示す証拠を握っていると報じている。
関連ニュース
ノルドストリーム1と2に事故?それとも妨害行為? 各国の反応
中国紙、ノルドストリームのガス漏れをめぐるNATO対応について解説
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала