サムスン電子、第3四半期の営業利益は32%減の見通し

© AP Photo / Ahn Young-joonサムスンのロゴ
サムスンのロゴ - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2022
韓国のサムスン電子は7日、第3四半期の営業利益は前年同期比32%減の見通しだと発表した。ロイター通信が報じた。
サムスン電子は、7月から9月の営業利益は前年同期15兆8000億ウォンから10兆8000億ウォン(約1兆1100億円)になると予想している。
アナリストは営業利益の減少について、それらの市場でサムスンが最大のサプライヤーの1つである家電製品の需要の低迷や半導体メモリー価格の低下が影響していると指摘している。
なお、アナリストは、半導体メモリー価格は年末まで下落を続け、サムスンの第4四半期の利益はさらに落ち込むと予想している。需要が回復するのは2023年初頭になる見込みだという。
Apple - Sputnik 日本, 1920, 14.09.2022
IT・科学
アップル 折りたたみスマホ用ハイブリッドディスプレイを開発
また、ウォンが対ドルで13年ぶりの安値に下落していることも利益減少の原因の1つになったという。連邦準備制度理事会(FRS)の主要な金利の引き上げを背景に、ドルは過去数か月上昇している。その結果、輸入部品の購入はサムスンにとってより高価なものとなっている。
関連ニュース
サムスン 旧型スマホを対象にソフトウェアのアップデートを実施
技術の記録的な飛躍 サムスンが世界初となる3ナノメートルチップの生産開始
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала