ウクライナ、南クリルに関する日本の立場を支持

© Sputnik / Anton Denisov / メディアバンクへ移行ウループ島
ウループ島 - Sputnik 日本, 1920, 08.10.2022
ウクライナ最高議会(議会)は、「日本の北方領土に関する国際社会への呼びかけ」に関する決議を採択し、南クリル諸島(日本名:北方四島)に関する日本の立場を支持した。

最高議会が発表した決議文では「ウクライナ最高議会は、その北方領土に関する日本の立場への支持を表明する。当該領土がロシア連邦の占領下にあり続けていることを認める」と述べられている。

また文書には、国際社会に対して「日本の北方領土の地位を法的に確定するための可能な限りのあらゆる手段を使う」ことを継続するよう呼びかけると記されている。
9月上旬、ロシアは日本と締結していた日本人(旧居住民)のクリル諸島訪問の簡易化に関する合意および相互訪問のプロセスに関する協定の効力を無効化した。
関連ニュース
日本 南クリル諸島海域で漁業の操業を開始
イーロン・マスク氏 ウクライナ東部はロシアを好むと発言
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала