- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

ボイコワ・コズロフスキー組、ペテルブルクの大会SPで首位発進もFSは棄権

© Sputnik / Alexandr Vilf / メディアバンクへ移行ボイコワ・コズロフスキー組、ペテルブルクの大会SPで首位発進もFSは棄権
ボイコワ・コズロフスキー組、ペテルブルクの大会SPで首位発進もFSは棄権 - Sputnik 日本, 1920, 08.10.2022
アレクサンドラ・ボイコワ/ドミトリー・コズロフスキー組はサンクトペテルブルクで開催されているニコライ・パニン・コロメンキン杯でショートプログラム(SP)を終え、首位に立ったものの、不調により翌日のフリースケーティング(FS)は欠場する。
SPを終え、ボイコワ・コズロフスキー組は86.54ポイントを獲得した。北京五輪団体金メダリストのアナスタシア・ミーシナ/アレクサンドル・ガリャモフ組は86.05ポイントで2位だった。3位にはナタリア・ハビブーリナ/イリヤ・クニャジュク組が滑り込んだ(71.61ポイント)。
なお、FSはコズロフスキーの不調により棄権することとなった。ペアを指導するアルトゥル・ミンチュク・コーチはSPの演技を終え、「実に素晴らしい滑りだったが、今後の大会に備えペアを休ませることにした」と語った。
関連ニュース
トルソワ選手がトゥトベリーゼ・チームを離脱、厳しすぎるトレーニングが原因か、それとも恋煩いか
「偉大になるよ。君のような人はいない』 プルシェンコ氏が羽生結弦選手との初めての出会いを回想
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала