ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

異名「ハルマゲドン将軍」 ウクライナにおける特殊軍事作戦のロシアの新指揮官はこんな人物

© Sputnik / Russian Defence Ministryセルゲイ・スロビキン将軍
セルゲイ・スロビキン将軍 - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2022
セルゲイ・スロビキン将軍はウクライナにおける特殊軍事作戦で新たに統一共同軍団の指揮官に任命された。ロシア軍の中で彼がなぜ「ハルマゲドン将軍」と呼ばれているのか、今までにどんな戦地を潜り抜けてきたのか、スロビキン氏という人物についてスプートニクがご紹介。

正真正銘のロシア人将校

スロビキン氏はシベリアのノボシビルスク出身。軍事学校、アカデミーを卒業後、中隊、大隊、連隊、師団を指揮し、司令官として成長するためのすべての段階を踏んだ。参謀本部作戦本部長、東軍管区司令官を務めた経歴がある。第2次チェチェン戦争にも参戦。スロビキン氏の率いる師団が経験した戦闘の数は他を抜きんでいた。
スロビキン氏のシリアにおける働きは群を抜いていた。スロビキン氏の指揮のおかげでテロとの戦いは転換点に達することができた。厳しく、類のない決定をとる能力が称えられ、スロヴィキン氏は「ハルマゲドン将軍」の異名を得ている。
ウクライナにおける特殊軍事作戦の中で彼の指揮でリシチャンスク奪還の戦いでウクライナ軍は包囲され、殲滅。またセヴェルドネツクの奪還、アゾート工場の人質解放も成功している。スロビキン氏の指揮は厳しいことで知られているが、それでも軍の損失は最低限で抑えられている。
クリミア大橋の爆発 - Sputnik 日本, 1920, 10.10.2022
クリミア大橋の爆発 またもやウクライナ特務機関によるテロ 犠牲の夫婦惜しむ声も

祖国に奉仕するために生まれた

スロビキン氏についての評価はここ最近のロシア人指揮官の中で最も高い才能を有すると押しなべて高い。
民間軍事会社「ワグネル」を創始したエフゲニー・プリゴジン氏はスロビキン氏を「ロシア軍の中で最も有能な指揮官」と呼んでいる。

「彼の人柄については一つはっきり言えることがある。スロビキン氏はレジェンド的な人物だ。彼は祖国に奉仕するために生まれてきた」

ウクライナ軍よるアパートへの砲撃。アーカイブ写真 - Sputnik 日本, 1920, 10.10.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ウクライナ軍、露ベルゴロド州の居住区を砲撃
チェチェン共和国のカディロフ首長はスロビキン氏を指して、特殊作戦の行われているゾーンで状況を改善の方向へ導いていくことのできる人物と呼んでいる。
「経験の厚い戦士、強い意志を持ち、先を見通す力のある指揮官。こうした人間には愛国心、名誉、尊厳といった概念が何にも勝る意味がある」
有名な軍事記者のエフゲニー・ポッドゥブヌィ氏はスロビキン氏をおいてこのポストにふさわしい人物はいないと断言する。
ロシア国防相がウクライナにおける特殊軍事作戦の統一共同軍団の指揮官にセルゲイ・スロビキン将軍を任命することが明らかにされたのが10月8日土曜。統一共同軍団の指揮官のポストが設けられるとともに、スロビキン氏がこれに任命された。
関連ニュース
クリミア大橋爆発 「ウクライナの特殊機関によるもの」=プーチン大統領
米国 ウクライナへの「ATACMS」ミサイル供与を拒む=WSJ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала