台湾がウクライナに媚を売るのは米国へのへつらい 専門家

台湾 - Sputnik 日本, 1920, 13.10.2022
台湾政府がウクライナ政権支持を示したことについて、台湾海峡の時事について著名な毕殿龙(ビ・ジャンルン)評論員はスプートニクからの取材に、これは米国へのつらいだとし、台湾政権はこの場合、自国をウクライナと比較していると指摘した。
ビ氏は、台湾政権は常に米国のいいなりになり、手先になる姿勢を示してきたと語る。

「米国がどこに向かって示そうと、台湾は米国を支持する。これは米国の対外政策における典型的なやり口だ。台湾は自国の立場をウクライナと比べている。大陸が軍事手段で(台湾を)再統合する恐れを念頭においている」

ビ氏は台湾政府は国際社会の注意をひきつけ、西側諸国の支持を取り付けるためにウクライナ情勢をうまく利用したいと考えているという。
台湾の蔡英文総統  - Sputnik 日本, 1920, 10.10.2022
台湾海峡での武力紛争は容認できない=蔡英文総統

「このほか、先日ウクライナは、ウクライナ情勢に対する中国の中立的な立場に対して不満を表明している。このため、台湾にはウクライナを支援することで、中国の中立 的な立場に世界の注目を集める意図もある」

台湾政府は積極的にウクライナへの連帯を表明している。公式的な声明を表しており、首都台北ではウクライナの国旗が目に付く。ウクライナとの二国間関係を発展させる目的で10月11日、議会間友好台湾―ウクライナ協会の第1回会議を行い、その中で台湾とウクライナの両国民のコンタクト拡大を合意している。
関連ニュース
G7がウクライナに「監視団」を派遣した場合、「監視団」は正当な軍事目標となる
米国は限界まで煽っておいて、責任を他に擦り付ける 中国グローバルタイムズ紙
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала