「ノルドストリーム」破壊工作の真実は、欧州の人々を驚かせる可能性がある=ぺスコフ大統領報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / メディアバンクへ移行ロシアのぺスコフ大統領報道官
ロシアのぺスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2022
ロシアのぺスコフ大統領報道官は、ロシア産天然ガスを欧州に輸出する海底パイプライン「ノルドストリーム」に対する破壊工作の調査にロシアが参加することを妨げている主な原因は、真相を明らかにすることを他の国々が望んでいないことだと指摘し、なぜなら実際の調査結果は欧州連合(EU)の大勢の人を驚かせる可能性があるからだと述べた。ぺスコフ氏によると、ロシアが調査に参加することに反対しているのはドイツ、スウェーデン、デンマーク。
ペスコフ氏は、ロシアは同国の専門家が「ノルドストリーム」に対する破壊工作の調査に参加できるようにするための活動を行っているが、今のところ他の国々が「何らかの形で協力することや、共に真相を明らかにすることを望んでいない」という壁にぶつかっていると指摘した。

「可能性のある実行者に関するわれわれの考えや暫定的な予測はよく知られている。現時点でなんらかの新しいデータが手に入ることはない。なぜならわれわれは、このサボタージュ、この破壊工作の調査に参加する機会を奪われているからだ。ドイツもスウェーデンもデンマークも、われわれと情報を共有していない」

ペスコフ氏は先に、「ノルドストリーム」に対する破壊工作の調査はロシア抜きで行われ、望む結果に合わせて調整されていると述べた
テロ爆発は9月26日、欧州へのガスパイプライン「ノルドストリーム」と「ノルドストリーム2」で同時に発生した。
関連ニュース
「ノルドストリーム」の調査 第二次世界大戦時の弾薬で困難
ノルドストリーム1,2のガス漏れ スウェーデンが捜査終了
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала