天皇皇后両陛下、即位後初の沖縄 戦没者慰霊

© AP Photo / Koji Sasahara天皇皇后両陛下(アーカイブ)
天皇皇后両陛下(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 22.10.2022
日本の天皇皇后両陛下は22日、即位後初めて沖縄県を訪問され、糸満市の平和記念公園で第二次世界大戦の犠牲者に祈りを捧げられた。日本の各メディアが伝えている。
FNNなどによると、両陛下は午後1時過ぎに那覇空港に到着され、その後糸満市の平和祈念公園に向かわれた。
国立沖縄戦没者墓苑で献花し、先の大戦の犠牲になった人々に祈りを捧げられた。遺族ら一人ひとりに「沖縄のどの辺りにいらっしゃったのですか」「お体を大切になさってください」と声をかけ、交流されたという。
両陛下は23日の国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭にも出席される予定。
天皇皇后両陛下は9月、英前女王エリザベス2世の国葬に出席するため、英国を訪問されていた。即位後まもなくして始まった新型コロナウイルスの感染拡大によって、外遊や国内行幸が行えない状況が長く続いたが、最近になって徐々に解禁され始めている。
関連ニュース
小室圭さん 3度目の挑戦で米NY司法試験に合格
日本の天皇陛下 エリザベス女王死去に際しお気持ちを公表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала