台湾をめぐる対立、年内にエスカレートする可能性=米海軍作戦部長

© AP Photo / Noel Celis, Pool米海軍
米海軍 - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2022
マイク・ギルデイ米海軍作戦部長は、早ければ今年中に台湾周辺の紛争がエスカレートする可能性を否定しておらず、アジア太平洋地域の米軍艦船は「戦闘準備」を整えておくべきだと警告した。米軍事専門サイト「Defense News」が伝えている。
9月、CIA(米中央情報局)のデビッド・コーエン副長官は、中国の習近平国家主席が2027年までに台湾の軍事的支配に向けた準備をするよう軍に指示したとされると明らかにした。
ギルデイ氏は19日、米シンクタンク「大西洋評議会」で、台湾周辺の状況がエスカレートする可能性のある時期について、このようにコメントした。
「我々が過去20年間見てきたのは、彼ら(中国政府)が断言してきたことはすべて、実行すると言った時期よりも早く実行してきたということだ。2027年までという時期について話すとき、私の考えでは、それは2022年あるいは2023年という時期である可能性を否定できない」
また「現地に投入する船は、戦う準備ができていなければならない」とも述べた。
異例の3期目就任を確実にした習近平国家主席(左)と政界を去る李克強首相 - Sputnik 日本, 1920, 22.10.2022
習近平氏、3期目へ 李克強首相は退任 中国・党大会閉幕
さらに、ギルデイ氏は近代化を要する米海軍の現状を指摘した。米海軍には、長距離射撃分野での開発や、新技術を用いた多層防御が必要だという。
これより前、日本経済新聞は、アジア太平洋地域の緊張が高まる中、米国が台湾と武器の共同生産を開始する計画を立てていると報じた。同紙の情報源によると、米政権でのこの問題の議論はすでに始まっている。同紙は、米台の共同生産の準備は2023年に続く予定であると報じた。その後、米台ビジネス評議会(USTBC)はこの報道を確認した。現在、共同生産の計画は「初期段階」であるという。
関連ニュース
米国は台湾との武器生産計画を肯定も否定もしていない
米国は中国との軍事的対立に備えていない=WSJ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала