新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

夜間勤務と肺がん発症には関連性あり 研究で明らかに

眠っている男 - Sputnik 日本, 1920, 24.10.2022
米ロチェスター大学とカリフォルニアのスクリプス研究所の研究者らは、肺腫瘍の成長と概日リズムの乱れとの間に重要な関連性があることをつき止めた。この研究をまとめた論文が、学術誌「サイエンス・アドバンシス」に掲載されている。
研究者らは今回、肺の細胞の概日時計が乱れるとHSF1遺伝子が活性化し、肺がんを発症することをつき止めた。この研究はマウスを用いて行われたが、概日リズムの乱れ がヒトの腫瘍を関連しているという研究は存在するという。今回の研究により、肺は厳密な概日リズムに従って機能しており、睡眠障害に対しては非常に脆弱であることが明らかになった。
また、夜間に働いている人の概日リズムが乱れている場合、薬剤をHSF1遺伝子に作用させることでがんを予防できることが今回の研究で明らかになった。
睡眠 - Sputnik 日本, 1920, 27.09.2022
IT・科学
悪夢を頻繁に見るのは、認知症を発症する前兆かも=研究
概日リズムとは、睡眠と覚醒のサイクルが細胞レベルで約1日のリズムに調整されている「体内時計」のこと。
関連ニュース
腫瘍を狙い撃ちする放射性ゲル 研究者らが開発
絶対に年を取らない動物 スペインの研究者らがクラゲの一種に不老不死の遺伝子を発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала