サウジ皇太子、バイデン氏の頭脳明晰さを疑問視=ウォール・ストリート・ジャーナル

© AFP 2022 / MANDEL NGANサウジ皇太子、バイデン氏
サウジ皇太子、バイデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 25.10.2022
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、プライベートで79歳のジョー・バイデン米大統領の過ちを嘲笑し、彼の頭脳明晰さに疑問を呈している。ウォール・ストリート・ジャーナルがサウジ政府の情報源を引用して伝えた。
同紙によれば、サウジアラビアの皇太子は顧問に、バイデン氏がバラク・オバマ政権の副大統領だったときも、バイデン氏に「感銘を受けなかった」と語った。さらには、ムハンマド皇太子が、バイデンの前任者である共和党のドナルド・トランプ氏と会うことを好んだと述べた。
同紙の情報筋は「バイデン氏はムハンマド皇太子と1年以上連絡をとることを拒否していた。今年7月にジェッダで最終的に会談が行われたとき、出席したサウジ当局者は、バイデン氏がそこにいたくなく、政治的議論に興味がないと感じた」と指摘した。
また、中東を専門とするエロン・デビッド・ミラー氏は同紙に対し、現在、ワシントンとリヤドの間には「実質的に信頼がない」と語った。バイデン氏とサウジ皇太子の間の個人的な敵意は、かつて親密だった2つのパートナー間の緊張を高める触媒となっており、今後この傾向はエスカレートする可能性が高いという。
サウジが記録的原油減産に踏み切りロシアへの支持を表明、米大統領は関係見直しを指示 - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2022
サウジが記録的原油減産に踏み切りロシアへの支持を表明、米大統領は関係見直しを指示
ホワイトハウスのカリーヌ・ジャンピエール報道官は24日の記者会見で、この報道が「ばかげている」とコメントした。同氏は、現在、米国がサウジアラビアとの関係を見直し続けており、このプロセスの可能な結果について今のところ発表できないと述べた。
これより前、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子はジョー・バイデン米大統領と会談した中で、大統領から2018年にトルコ、イスタンブールのサウジアラビア大使館で殺害された反政府記者ジャマル・カショギ氏について言及されたことを受け、「米国の過ち」を指摘した。サウジアラビアの政府高官が、テレビ局「アルアラビア」に対し、明らかにしていた。
関連ニュース
サウジが7月と8月に原油を50%増産、安定供給への協力を約束=米大統領
サウジアラビアが石油生産を削減の決定でロシアの特殊作戦を支援=ワシントン・ポスト
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала