米国、防空システム「ホーク」のウクライナ移送を検討 「ホーク」とは何か?

© AFP 2022 / Leila Gorchevミサイル【アーカイブ】
ミサイル【アーカイブ】 - Sputnik 日本, 1920, 25.10.2022
米政府は、ロシアのドローンや巡航ミサイル対策のために防空システムをウクライナへ移送することを検討している。米政府が移送を検討しているのは、防空システム「ホーク」(HAWK、Homing All the Way Killer)。ロイター通信が報じた。
米国のバイデン政権は2022年2月以降、攻撃ロケットシステムやドローンなど、ウクライナへすでに170億ドル(約2.5兆円)以上の軍事支援を行っている。しかし、防空システムは今まで米国の軍事支援パッケージに含まれていなかった。「ホーク」は、ウクライナが初めて受け取る米国製防空システムになる可能性がある。

「ホーク」とは何か?

米国の最新ミサイル防衛システム「パトリオット」の旧バージョン。
米軍は1960年に「ホーク」の運用を開始、その後、近代化改良が繰り返された。
1970年代から1980年代に改良された「ホーク」の最大迎撃射程は40キロ、最大迎撃高度は17.7キロ(最低高度30~60メートル)。
米軍では1994年に完全に運用終了となった。
欧州、中東、アジア、アフリカの25か国に売却され、欧州連合(EU)、日本、イランでライセンス生産されたが、米軍が戦闘で使用したことは一度もない。
一方、他の国によって広く使用された。中東の多数の武力紛争でイスラエル、イラン、イラク、ヨルダン、トルコ、クウェートが使用した。
ウクライナ兵 - Sputnik 日本, 1920, 23.10.2022
ウクライナ政府 自国で「汚い爆弾」による挑発行為を準備
ロイターによると、「ホーク」はそのクラスの最も成功したシステムの1つであったが、改良型でさえ、現代の空中戦の要件を満たしていないという。
スプートニク通信は先に、米国防総省がウクライナに密かに供与した兵器について報じた。
関連ニュース
米国はなぜウクライナ紛争を終わらせたくないのか=米国人解説員
ゼレンスキー大統領は世界を「核のハルマゲドン」へ突き動かしている
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала