ウクライナ、スナク首相の英防衛予算削減計画を深刻に懸念

© DANIEL LEAL英国の新首相リシ・スナク氏
英国の新首相リシ・スナク氏 - Sputnik 日本, 1920, 26.10.2022
ニュースメディアPoliticoは、ボリス・ジョンソン氏が英首相に返り咲くことをあからさまに夢見ていたウクライナ政府は、英国の新首相リシ・スナク氏が自国の防衛予算を削減する計画であることを深刻に懸念していると報じた。
スナク氏は首相就任直後からあらゆる機会に、英国のウクライナ支援は何も変わっていないと強調している。スナク氏が電話会談を行った最初の外国首脳は、ウクライナのゼレンスキー大統領だった。スナク氏は電話会談で、「ロシアの侵略」や民主主義の原則へのコミットメント、ウクライナへの変わらない支援など、すでに恒例となった決まり文句をすべて繰り返した。またベン・ウォレス国防相やジェームズ・クレバリー外相を留任させるというスナク氏の決定は、新首相が英国のアプローチを継続するという明確なシグナルとして意図された。
ロシアのラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 11.10.2022
ウクライナのテロには「見ざる聞かざる」=ラブロフ露外相、西側の二重規範を批判
一方、Politicoによると、スナク氏はプロの経済学者であり、お金を数えるのが得意であるため、国民に向けた初めての演説で、経済の安定を中心課題とすることを約束し、支出削減という厳しい決断をするとの考えを示した。
ウクライナ政府筋はPoliticoに「スナク氏は、(英国の)防衛予算削減を除いて、欧州の防衛については事実上何も述べなかった。ウクライナ政府はこれを深刻に懸念している」と語った。
なお、実際のところスナク氏は英国の防衛予算に関する計画をまだ発表していないが、Politicoが予想しているように、来週予定されている重要な財政報告は、英国の財政に対する信頼を取り戻すために、防衛分野などで長期にわたる支出削減プログラムが始まるシグナルとなる可能性がある。Politicoは、スナク氏の優先課題は軍事力の増強ではなく、国の財政の安全となる可能性があると報じている。
関連ニュース
ゼレンスキー大統領の「先制攻撃」発言、特殊作戦の必要性を証明している=露外務省
クリミア大橋の爆発 またもやウクライナ特務機関によるテロ 犠牲の夫婦惜しむ声も
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала