ロシア駐米大使、海外配備の核兵器を本国へ返還するよう米国に呼びかけ

© Sputnik / Vladimir Pesnyaロシアのアントノフ駐米大使
ロシアのアントノフ駐米大使 - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2022
ロシアのアナトリー・アントノフ駐米大使は、米政府に対し、海外に配備されているすべての核兵器を本国に戻し、それらの保管や使用に向けた設備を撤去するよう呼びかけた。
アントノフ氏は、米国はB61核爆弾の改良型であるB61-12核爆弾の欧州への納入条件を引き下げる可能性があるとする現地メディアの記事についてこのようにコメントした。同氏によると、ロシア国境までの飛行時間が短い欧州諸国に配備されているB61-12は、能力が限られており、米国が戦術級へ分類しようとしているにもかかわらず、戦略的重要性を獲得している。
アントノフ氏は次のように述べた。
「この点に関し、私は米政府に対して、海外に配備されているすべての核兵器を本土に戻し、それらの保管やメンテナンスを行う海外の設備を撤去するよう改めて要求する。さらに、NPT(核兵器不拡散条約)の基本原則に反するNATO(北大西洋条約機構)の『共同核ミッション』の枠組みの中で、非核保有国の軍が参加するこのような弾頭の使用訓練を行うことを止めるよう要求する」
核兵器 - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2022
ロシアを非難するために「核レトリック」を用いる西側核大国はどのような条件下で核兵器を用いる可能性があるのか?
またアントノフ氏は、ロシアが保有する同クラスの兵器は、米国の何倍もあるという「憶測」があるが、米国の脅威にはならないと強調。「TNW(戦術核兵器)はすべてロシア領内の集中保管施設にあり、米国に脅威を与えることはありえない」と語った。
ロシア大統領府のドミトリー・ぺスコフ報道官は以前、世界が第3次世界大戦の危機に瀕して、なんとかバランスを取ろうとしている今、ロシアはウクライナや西側諸国と違って、核をめぐる紛争を煽ることは好ましくないと考えていると述べた
関連ニュース
ロシアは西側にウクライナの説得を求める ウクライナが核恐喝を放棄するよう=ザハロワ報道官
ロシアはウクライナを核兵器で脅したことはなかったし、脅していない=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала