ソウルの隘路で起こった雑踏事故で死者149人に拡大、世界の首脳らが哀悼の意を表す

© AFP 2022 / Jung Yeon-Jeソウルの隘路で起こった雑踏事故で死者149人に拡大、世界の首脳らが哀悼の意を表す
ソウルの隘路で起こった雑踏事故で死者149人に拡大、世界の首脳らが哀悼の意を表す - Sputnik 日本, 1920, 30.10.2022
ハロウィンでにぎわった韓国・ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)地区では29日、パーティーに集まっていた市民らが圧迫事故を起こし、死者が149人に拡大した。韓国の聯合ニュースが消防の発表を引用して報じた。この事故を受け、世界の首脳らが哀悼の意を表した。
当時現場はハロウィンを祝う人々で賑わっており、約10万人が集まっていたとされる。
事故は現地時間の29日22時22分頃から始まった。事故現場は狭い路地になっており、先へ進むにつれて下り坂になるほか、道幅も狭まっていくという。さらに、段差や凸凹道になっていることから、転倒しやすい隘路になっている。死者は10歳から30歳の若者が中心で、現在は遺体の身元確認が進められている。
この日は多くの市民が仮装をしており、道端で市民が倒れているのも、ハロウィン・イベントの一環だと勘違いする若者が多かった模様。
この事故を受け、米国のジョー・バイデン大統領、カナダのジャスティン・トルドー首相、EUのジョセップ・ボレル上級代表が哀悼の意を表した。
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は、迅速な応急処置を当局に指示。また、欧州訪問中のオ・セフンソウル市長は帰国を決めたという。
関連ニュース
子ゾウの仇討ち、44頭のゾウの群れが村に逆襲=インド
フィリピン 台風により72人死亡、33人負傷
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала