露国防省、セバストポリ無人機攻撃の詳細を発表

© Sputnik / Наталья Селиверстова露国防省
露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 31.10.2022
ロシア国防省は、セバストポリ近郊の水域で発生した黒海艦隊の艦船や民間船に対する海洋無人機(ドローン)による攻撃について、同省の専門家らが攻撃で使用されたドローンの破片を引き揚げたと発表した。
ロシア国防省は「『穀物回廊』の安全確保にかかわっている船に対する10月29日のテロ攻撃を撃退した後(中略)英国の代表者たちの指導の下でキエフ政権が使用した海洋ドローンの破片が見つかり、引き揚げられた」と発表した。
海洋ドローンはオデッサ周辺の沿岸から飛び立ち、「穀物回廊」の安全ゾーンを通って移動した後、ルートを変更してセバストポリにあるロシアの艦艇の基地の方向へ向かったという。
ロシア国防省は専門家らの見解を引用し、「農産物を輸出するためにキエフまたはその西側の支援者に雇われた」民間船のうちの1隻の船上からドローンが飛び立った可能性があると推測した。
関連ニュース
ウクライナで米国の衛星が使用された場合、その衛星は攻撃対象になる=露外務省
ロシア下院議員、「穀物合意」失敗で3カ国を非難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала