ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアの軍事特派員に対する米国および同盟国の個人制裁、容認できない=露国連大使

© Sputnik / Sergey Guneev / メディアバンクへ移行ロシアのネベンジャ国連大使
ロシアのネベンジャ国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 02.11.2022
ロシアは、米国およびNATO(北大西洋条約機構)同盟国がロシアの軍事特派員に対して個人制裁を課すことは容認できないと考えている。ロシアのワシリー・ネベンジャ国連大使は、国連本部で行われたロシアのテレビ局「RT(ロシア・ トゥデイ)」によるドキュメンタリー映画『軍事特派員』のプレゼンテーション時にこのように述べた。
今年初め、西側諸国多くが全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社や、ロシア紙「コムソモリスカヤ・プラウダ」の軍事記者・特派員に対して制裁を課した。
ネベンジャ氏は「米国とNATO同盟国が軍事特派員に対し、一方的な制裁を課すことで言論の自由の権利を侵害し、圧力をかけようとする試みは全く容認できないと考える」と述べた。
国連は真実のために立ち上がる人々を守るべく、あらゆる手段を講じるべきだというのがネベンジャ氏の意見である。
ネベンジャ氏によると、映画『軍事特派員』は年末に公開される予定。この映画は、特別軍事作戦下でのロシアの軍事特派員の活動について描いたもの。
特別軍事作戦 - Sputnik 日本, 1920, 20.10.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
【解説】ロシアの「従軍記者たち」 ウクライナとドンバスの前線から届けられる動画の人気の秘密とは
ロシアは特別軍事作戦の開始以来、大きな情報圧力を受けているとネベンジャ氏は強調。「情報弾圧は、ロシア軍の活動に関する膨大な数のフェイクによって特徴づけられる」と同氏は指摘した。
また、ネベンジャ氏は「西側の兵器がドンバスの街を砲撃しているように、西側のプロパガンダは自国民に情報弾を発射している」と指摘。「果てしない数のフェイクにより、彼らは現実とのつながりを失い、独立して考える能力が著しく損なわれている」と付け加えた。
関連ニュース
ノルドストリームの破壊工作はロシアへの圧力の集大成=ロスネフチ社CEO
米国の主張は「汚い爆弾」に関するロシア側の懸念を裏付ける=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала