ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米英が国際テロリストを雇い、ウクライナで戦闘行為に参加=露安全保障会議書記

© Sputnik / Sergey Guneev露安全保障会議書記
露安全保障会議書記 - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2022
米国と英国の諜報機関は国際テロ組織のメンバーを雇い、ウクライナ側で敵対行為に参加させるべく移送している。ロシアのニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記が、CIS安全保障会議の書記会議でこのように述べた。
さらにパトルシェフ氏は、「ウクライナは今や事実上、世界の極右過激派の主な中心地となっている」と述べた。同氏によると、(西側諸国が)ネオナチ勢力を当てにするのは、ウクライナを長期的に西側の影響が及ぶ範囲内に留まらせるためだという。
ショイグ国防相 - Sputnik 日本, 1920, 02.11.2022
ロシア国境近くのNATO多国籍部隊、2月以降2.5倍に増加=ショイグ国防相
パトルシェフ氏は会議の演説で、「ウクライナでは『汚い』核爆弾を作る作業が進んでいるという情報がある」と述べた上で、「このプロセスは、西側諸国の監督者の参加なくしては行われない」と指摘した。同氏はさらに、「したがって、我々はこの明らかに危険なこの状況について、非常に強い懸念を表明する。この状況をもし止められないのであれば、世界規模の大災害が起こる恐れがある」と述べた。
モスクワでは3日、CIS安全保障会議の書記会議が開催される。出席者はこの会議で国家、地域および国際的な安全保障に関するトピックについて議論する。 核の安全保障と核不拡散のトピックには特に注意を払って話し合うことになるという。
関連記事
「ノルド・ストリーム」でのテロ ロシアの情報機関、西側の痕跡を発見
米国はアジア太平洋地域におけるミサイル防衛システムの展開によって攻撃能力をカモフラージュしている=露安全保障会議書記
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала