ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

インド、ウクライナ紛争解決に向けた仲介役となる可能性を検討=メディア

インド - Sputnik 日本, 1920, 07.11.2022
米紙「ニューヨーク・タイムズ」は、政府関係者の情報を引用し、インドがロシア・ウクライナ間の紛争解決に向けた仲介役となる可能性について検討していると報じた。
記事によれば、「インド政府の高官らは、必要なときがきたとき、インドが和平に向けた努力においてどのような役割を担うことができるかについて協議している」という。
インドの2人の政府高官が明らかにしたところによれば、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、インドのナレンドラ・モディ首相と協議を実施し、ロシアとウクライナの和平交渉の可能性について意見を交わしたが、交渉は実現されなかった。インドの高官によれば、その段階では、ウクライナ紛争の平和的解決を西側がどのように想定しているのか分からなかったという。
米国のジェイク・サリバン安全保障問題大統領補佐官 - Sputnik 日本, 1920, 07.11.2022
米大統領補佐官がロシア政府と極秘協議=WSJ
また記事によれば、インド、イスラエル、アラブ首長国連邦の外務省が、共同で仲介役を務める可能性についても協議したとのこと。
これより前、米ワシントン・ポスト紙は、事情に詳しい人物からの情報として、米国のジョー・バイデン大統領政府が個人的にウクライナの政府指導部に対し、ロシアと協議を行う用意があることを示すよう要請したと報じている。 一方、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、消息筋の情報として、西側諸国も個人的なレベルで、ロシアとウクライナの和平成立のための条件について話し合っていると伝え ている。
関連ニュース
露大使が停戦交渉を呼びかけ、「米国によるウクライナ支援がロシアを疲弊させることはない」
ウクライナとの交渉に向けた善意に変化はない=露大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала