有料サービス「ツイッター・ブルー」 偽アカウント増加でサービス停止

© AFP 2022 / Leon Nealツイッター
ツイッター - Sputnik 日本, 1920, 12.11.2022
米ツイッターは、認証済みの偽アカウントが増えたことを受け、サブスクリプションサービス「ツイッター・ブルー(Twitter Blue)」を停止した。米紙ワシントン・ポストが11日、同社従業員に送られた電子メールを引用して報じている。
同紙は「ユーザーはすぐにこの新たなツールを活用し始めた。(ジョー・)バイデン大統領をはじめとする政治家や、著名人などを装ったアカウントが作成された。中にはブランドになりすましてフェイクニュースを流したものもあった」と伝えている。
マスク氏、倒産の可能性をツイッター社員に示唆 - Sputnik 日本, 1920, 11.11.2022
マスク氏、倒産の可能性をツイッター社員に示唆
記事では「なりすましの問題に対処するため」、10日夜、ツイッター・ブルーへのアクセスを一時的に制限することを決定したとされている。また同紙は、サービスが制限されたものの、ツイッター・ブルーの加入者は機能を完全に利用できるとしている。
10月末、米電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOは、440億ドル(約6兆5000億円)でツイッターの買収を完了した。マスク氏は「ツイッターブルー」の提供額を月額8ドル(約1100円)に値上げし、これまで著名人や企業などに限ってきた「認証マーク」の付与を加入者全員に拡大した。
関連ニュース
ツイッターは中立のSNS、所有者に左右されるべきではない=マスク氏
イーロン・マスク氏によるツイッターの買収後、新規ユーザー数は過去最高を記録
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала