JAXA、日本初の月面着陸を通信障害で断念

© 写真 : JAXA/University of Tokyo日本の超小型探査機「OMOTENASHI(オモテナシ)」
日本の超小型探査機「OMOTENASHI(オモテナシ)」 - Sputnik 日本, 1920, 22.11.2022
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、日本の超小型探査機「OMOTENASHI(オモテナシ)」の初の月面着陸を通信トラブルで断念する発表した。
月面着陸は11月21日から22日の夜に行われる予定だった。ただし、探査機に取り付けられている太陽電池が正しい方向に向いておらず、バッテリーが必要なエネルギーを受け取っていないため、探査機は地上からの信号を受信できず、姿勢や軌道を修正することができなくなった。
JAXAは22日まで通信トラブルを解決できなかったため、計画を諦めた。
ISS - Sputnik 日本, 1920, 18.11.2022
IT・科学
日本はISSの運用期限を2030年まで延長へ
関連ニュース
NASA、米アリゾナ州で月探査機の走行試験 JAXA飛行士も参加
イプシロンロケット6号機の打ち上げに失敗、地上から破壊指令=JAXA
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала