キックオフまでの残り時間を示す公式カウントダウン時計の周りに集まる人々 - Sputnik 日本, 1920, 16.11.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
カタールで11月20日から12月18日まで開催される2022FIFAワールドカップは、今回初めて中東で開催される他、北半球で秋から冬にかけて開催されるのもこれが初となる。

自惚れたドイツ、日本を見くびっていた=独元選手

© Sputnik / Maxim Blinov自惚れたドイツ、日本を見くびっていた=独元選手
自惚れたドイツ、日本を見くびっていた=独元選手 - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2022
ドイツ代表は過信していたことで、日本戦で足元をすくわれた。日本がこれほど攻撃的にプレイできるとは考えていなかった。ドイツのカールスルーエSCでプレーしていたセルゲイ・キリヤコフ氏(当時はFW)がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で指摘した。
ドイツは1対2で日本に敗北を喫した
キリヤコフ氏は日本戦についてコメントしたなかで、次のように敗因を分析した。

「前半は完全にドイツ側の試合だったものの、そのなかなかいいプレーが後半、そのプレーに悪影響を及ぼした。あまりにもドイツはうぬぼれていて、日本が攻勢でこれほどアグレッシブにプレーできること、速やかに反転攻勢できるとは思っていなかった。ドイツがここまで過信したことは今まで一度もなかった。どうやら何かがうまくいかなかったようだ。それで彼らはそのツケを払ったのだ」

日本戦の敗北は笑うしかない、日本を余りにも軽く見ていた=独代表 - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
日本戦の敗北は笑うしかない、日本を余りにも軽く見ていた=独代表
キリヤコフ氏はマヌエル・ノイアー(ドイツのGK)が2本目のゴールについてはもっと効果的にプレーできたはずだと指摘した。

「ノイアーはシュロッターベック(DF)が浅野を捕まえると計算し、ゴール前に残った。マヌエルが出て行って、ゴールを止めることもできただろう。ここでは2つのミスが重なった。ノイアは判断が甘かった。こうした瞬間ではリスクを完全に除外しなくてはいけない。だが、DFがうっかりしている隙に突破され、相手のFWにかなり鋭い角度からの攻撃を許してしまった」

キリヤコフ氏は1992年から1998年にかけてカールスルーエSCでプレーしていた。
関連ニュース
イスラエル「イランがカタールW杯を攻撃検討」と主張 中東諸国の場外乱闘
W杯カタール大会 開幕戦後に日本人サポーターがゴミ拾い
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала