キックオフまでの残り時間を示す公式カウントダウン時計の周りに集まる人々 - Sputnik 日本, 1920, 16.11.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
カタールで11月20日から12月18日まで開催される2022FIFAワールドカップは、今回初めて中東で開催される他、北半球で秋から冬にかけて開催されるのもこれが初となる。

ネイマールがタックル受け交代、右足首のじん帯損傷=ブラジル代表チームドクター

© AP Photo / Dave Thompsonネイマールがタックル受け交代、右足首のじん帯損傷=ブラジル代表チームドクター
ネイマールがタックル受け交代、右足首のじん帯損傷=ブラジル代表チームドクター - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2022
ブラジル代表のエースFWネイマール選手(パリ・サンジェルマン)が対セルビア戦で負傷交代を余儀なくされた。敵陣でドリブル突破を試みた際、相手DFのタックルを受けて、右足首を痛めた。ブラジル代表のチームドクターによると、右足首の靭帯損傷だという。
ネイマール選手は対セルビア戦でスターティングメンバーとしてプレーしていた。2-0でリードしていた後半35分、ネイマールはアントニ(マンチェスター・ユナイテッド)に代わってベンチへ下がり、メディカルスタッフの治療を受けた。ネイマールは涙ぐむ場面もみられた。
サッカー情報サイト「Itatiaia」によると、ブラジル代表のチームドクター、ロドリゴ・ラスマル氏は次のように発言したという。
「彼は右足首の靭帯損傷だ。完全な検査を実施する時間が我々にはまだなかったが、もうくるぶしは少し腫れている。1日待って反応を見る必要がある。冷静さ、忍耐が必要だ。ネイマールがワールドカップを欠場するか、それを話すのはまだ早い。今後数時間で彼がどのような体調になるか様子を見てみよう」
クリスティアーノ・ロナウド - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
ロナウド、W杯史上初の5大会連続ゴール 歴史に名を刻む
一方、ブラジル代表のチッチ監督はネイマールについて、ワールドカップの参加を継続すると表明している。サッカー情報サイト「O Globo」によると、監督はネイマールについて、「ワールドカップでプレーする、完全にこれは確信して良い」と語ったという。
ブラジルは28日にスイス代表と対戦する。一方、ブラジルに敗れたセルビアはこの日、カメルーン代表と対戦する。
自惚れたドイツ、日本を見くびっていた=独元選手 - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
自惚れたドイツ、日本を見くびっていた=独元選手
関連ニュース
イスラエル「イランがカタールW杯を攻撃検討」と主張 中東諸国の場外乱闘
W杯カタール大会 開幕戦後に日本人サポーターがゴミ拾い
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала