ザポロジエ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポロジエ原発の安全性を巡る状況
ザポロジエ(ザポリージャ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る原発で、2022年3月からロシア軍の保護下に入っている。度重なるウクライナ軍による攻撃で原発の安全性に問題が生じたため、9月初旬、IAEA(国際原子力機関)のグロッシ事務局長率いる調査団が査察。調査報告書では、原発の周辺を「安全ゾーン」とする必要性が訴えられているが、その後もウクライナ軍は原発敷地や周辺の町への散発的な攻撃を続けている。10月のザポロジエ州のウクライナからの離脱・ロシア編入に伴い、新運営会社のもとロシア国内の基準に即した運転に移行している。

ウクライナ国内の全原発が外部電源喪失、ザポロジエは先に電源復旧=IAEA

© AP Photo / Lisa Leutnerウクライナ国内の全原発が外部電源喪失、ザポロジエは先に電源復旧=IAEA
ウクライナ国内の全原発が外部電源喪失、ザポロジエは先に電源復旧=IAEA - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2022
ウクライナ東部にあるザポロジエ(ザポリージャ)原子力発電所(ロシア軍の管理下)では外部電源喪失の状況が続いていたものの、現地時間の24日夕方に無事復旧した。国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長がツイッターに投稿したビデオメッセージで明らかにした。
24日はウクライナ国内にある全ての原発で外部電源が喪失し、ディーゼルエンジンで電力を供給するという異常事態になっていた。ウクライナには4つの原発があり、ザポロジエ原発は現在、ロシア軍の管理下にある。
福島第一原発 - Sputnik 日本, 1920, 08.11.2022
日本 福島第一原発事故の対応費用すでに12.1兆円 賠償額拡大の懸念も
グロッシ事務局長はビデオメッセージのなかで次のように呼びかけた。
「現時点で世界の注目はザポロジエ原発の危険な状況に集まっている、これは欧州で最大規模の原発だ。だが、我々は国内にあるその他の原子力施設についても忘れるべきではない。昨日は初めて4つの原発が外部電源との接続、送電網との接続を失っていた。ザポロジエ原発、ロブノ原発、南ウクライナ原発、フメルニツキ原発だ。これらはいずれも緊急用のディーゼル発電機を使用していた」
グロッシ事務局長によると、これは数ヶ月前には想定も出来なかった未曽有の異常事態で、「深い懸念」を引き起こすとしている。
関連ニュース
欧州はロシア産天然ガスの代替を求めているが、核燃料の供給国については「忘れている」
日本、ウクライナ・ザポロジエ地域でのIAEAの防弾車のために84万ドルを支援
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала