私の対日関係は柔道に限られている プーチン大統領

© Sputnikロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2022
プーチン大統領は、「シリウス」センターで若手研究者らとの会議に出席した中で、地震観測システムの問題についてコメントしたながで、自身の現在の対日関係は柔道を通じたものに限られてしまっているとジョークを飛ばした。
このプーチン大統領のジョークは、ロシア科学アカデミー、地球物理学庁、カムチャッカ支部のダニラ・チェブロフ所長の連邦地震観測システムの刷新の必要性を指摘したスピーチにコメントした際に発せられたもの。プーチン大統領は、この分野におけるロシアの取り組みが十分に進んでいないことを認め、日本には数千の地震観測所がある一方で、ロシアには350か所ほどしかないと指摘した。

「私の対日関係は今、柔道に終始してしまっているので、正確にはもう覚えていないが、それでも確か日本には数千の、3000か所ほどだと思うが、(地震観測)ステーションがあるはずだ」

プーチン大統領の柔道歴は11歳から。1975年にレニングラード市(現在のサンクトペテルブルク)の柔道チャンピオンとなった。2006年9月、欧州柔道連盟の名誉会長となり、2010年には韓国の龍仁大学で柔道分野の名誉博士号を取得した。2012年10月、国際柔道連盟はプーチン大統領に8段を認定した(柔道は合わせて10段)。ところが現在、国際柔道連盟はプーチン大統領の名誉会長の資格を一時停止している。
関連ニュース
「賢くない人々はロシア文化を否定するが、我々は外国文化を振興する」=プーチン露大統領
【ルポ】モスクワで祝われた日本の「文化の日」:日本文化と触れ合える日を心待ちにしていた観客たち
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала