米仏首脳会談開催、ウクライナへの軍事支援強化で合意

© Sputnik / Sergei Gneev / メディアバンクへ移行米仏首脳会談開催、ウクライナへの軍事支援強化で合意
米仏首脳会談開催、ウクライナへの軍事支援強化で合意 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2022
フランスと米国はウクライナへの軍事支援強化に向けた姿勢を確認した。フランスのエマニュエル・マクロン大統領がジョー・バイデン大統領との首脳会談後に行われた共同記者会見で表明した。
マクロン大統領は11月29日から12月2日の日程で米国を公式訪問している。現地時間の1日にはホワイトハウスでバイデン大統領と会談し、ウクライナ情勢について意見を交わした。
この会談を踏まえ、両国は今後数日から数週にかけて行う軍事支援強化の内容を調整し、ウクライナ側の抵抗を支える方針を確認したという。
また、ロシアとウクライナの停戦交渉について、今後数週間から数ヶ月の展開、及びウクライナ側の意思決定によって交渉のタイミングは確定するとした。
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 01.12.2022
ラブロフ外相 西側諸国との以前の関係を回復することは、もはや不可能
先にウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は11月にインドネシアのバリ島で開かれたG20のサミットで停戦交渉再開に向けて10項目の条件を提示していた。マクロン大統領はウクライナが交渉に向けて前向きな姿勢を示しているとし、この10項目に従って交渉準備を進める必要性を表明した。
また、冬とエネルギー危機の訪れを前に、ロシアとの交渉をウクライナに急がせるかとの質問に対し、ウクライナ側に妥協を強いることは決してないと表明した。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談についてはウクライナ危機の悪化を阻止し、「具体的な成果を上げる」ためにも引き続き対話を継続する姿勢を示した。具体的には、ザポロジエ(ザポリージャ)原子力発電所の安全についてロシア側と意見を交わすという。
ゼレンスキー大統領がマスク氏にウクライナ訪問呼び掛け、「自分の目で見て判断してから発言せよ」 - Sputnik 日本, 1920, 01.12.2022
ゼレンスキー大統領がマスク氏にウクライナ訪問呼び掛け、「自分の目で見て判断してから発言せよ」
なお、この首脳会談ではイランによる核兵器開発、および弾道ミサイル、ドローンの輸出阻止に向けた取り組みやインフレ低下に関する米国の法律(IRA)についても意見が交わされたとのこと。
関連ニュース
NATOはロシアとの対立を求めず、ウクライナ紛争に巻き込まれることもない=米国防長官
「核保有国同士の衝突、通常兵器によるものでも避けねば」=ラブロフ露外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала