経営破綻のFTXの元CEO 自分は詐欺ではない

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / メディアバンクへ移行暗号通貨
暗号通貨 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2022
11月に破綻した暗号資産取引所FTXの元CEOの米国人起業家、サム・バンクマンフリード氏は詐欺師呼ばわりされることを拒否した。ロイター通信が報じた。
バンクマンフリード氏は自分が故意にFTXの顧客の資産100億ドルを自社のアラメダ・リサーチ社の口座に振り込んだという非難を否定し、顧客の資産がアラメダ社の口座にあったのは、FTXは一時期銀行口座を有しておらず、顧客の資産の一部は自分の別会社 の口座に振り込まれ、その後、直接的にFTXに振り込まれたと説明している。
「私は詐欺を働こうと思ったことなど一度もない」現在、バハマ諸島に滞在中のバンクマンフリード氏はこう語っている
現在、ニューヨーク州検察と米国証券取引委員会はFTXに対する捜査を展開しているいるものの、バンクマンフリード氏は米国への帰国は問題なく行えるとの考えを示した。バンクマンフリード氏は自社の破綻についての公聴が予定されている米議会に出席 するためにワシントンに赴くことも辞していない。
11月11日、FTXは破綻宣告を行った。
関連ニュース
日本発・仮想通貨「エクシア」に業務停止命令 運営資金や資産管理に問題
仮想通貨取引所ジェネシスは、FTXに続いて間もなく破産を宣言する可能性=ブルームバーグ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала