インドの「狼症候群」の若者 いじめを乗り越え前向きに

© Screenshot: Barcroft TV/YouTubeインド少年、珍しい病気で「狼男」のようになる
インド少年、珍しい病気で「狼男」のようになる - Sputnik 日本, 1920, 04.12.2022
インドの多毛症の若者(17)は困難にもかかわらず、常に自分が幸せでいて、周りを幸せにしようと誓っている。「狼男症候群(ウェアウルフ症候群)」の若者の話を英紙デイリー・メールが紹介した。
インド中央部マディヤ・プラデーシュ州に住むラミット・パティダールくんは6歳まで普通の子どもだったという。しかし突然、少年の全身と頭は毛に覆われた。医師は多毛症と診断。それ以来、パティダールにとって終わりのない苦しみといじめの日々が始まった。同級生は彼を「サル」「お化け」「毛むくじゃら」と呼び、石を投げつけ、近づこうとしなかった。
おもちゃ - Sputnik 日本, 1920, 13.11.2021
珍しい病気の4歳児 本を半分、新しいベッドの一部を食べてしまう 英国
学校や外で常にいじめにあっていたにもかかわらず、パティダールは時間が経つにつれて、自身の外見を恥じるのをやめた。医師は今のところ多毛症の薬を見つけられていないが、パティダールは病気とともに生きていく術を身に着けた。それこそが自身を独自の存在にしているとパティダールは信じている。
「今まで生きてきて多くのことを知ったけれど、一番大事なのは自分が100万人に1人の存在だと気づいたこと。精一杯生きて、決してあきらめてはいけない。常に前進していきたいし、幸せでいたい」と信条をデイリー・メール紙に語った。現在、彼は学校の12年生として学び、農家を営む父の畑仕事を手伝っている。将来はブロガーになり、有名になりたいと語る。
スプートニク通信ではこれより前、解凍した魚料理を食べたオーストラリアの家族が、筋肉組織細胞が急速に破壊し、壊死と急性腎不全を引き起こす奇病「ハフ病」に感染した話を取り上げた。
関連ニュース
ロシア 母親からコロナに感染した新生児、生後3日目に死亡
「不思議の国のアリス症候群」 インド人男性、小人による脅威を感じていた
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала