OPECプラス、現行の取引量を維持することで決定

© AFP 2023 / JOE KLAMAROPEC
OPEC - Sputnik 日本, 1920, 04.12.2022
OPECプラスは10月の決定通り、現在の取引量を維持することで一致。日量200万バレルの減産を継続する。4日に行われたOPECプラス会合の公式声明文で明らかになった。
声明文では「OPECプラス諸国は2020年4月12日に行われた第10回OPEC加盟国・非加盟国大臣会合、さらにその後の2021年7月18日の第19回同会合、また2022年10月5日の第33回同会合を含めた会合で承認された事項をあらためて認めると決定した」とされている。
次のOPECプラス会合は来年6月4日に予定。一方で市場安定に関して補足的措置をとる必要があれば、いつでも会合を設けることで一致した。
関連ニュース
ロシア産石油に対する制裁、輸出国の利益にならない=クウェートの専門家
EU ロシア産原油の上限価格、最初のレビューは2023年1月中旬を予定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала