殺害できる自律型ロボット サンフランシスコが市警に使用を許可

© Sputnik / ミチェル・キューリング / メディアバンクへ移行サンフランシスコの警察車両
サンフランシスコの警察車両 - Sputnik 日本, 1920, 05.12.2022
米サンフランシスコ市当局は、同市警からの犯罪対策に自律型致死兵器ロボットの使用許可の要請を承諾した。AP通信によれば、使用の許可は現時点では非常事態に限定されている。
AP通信の報道によれば、サンフランシスコ市当局が市警に遠隔操作式自律型致死兵器ロボットの使用を許可したのは今のところは警官に死のリスクがある場合のみ。市警側はこれについて、致死兵器ロボットは武装し、危険な犯罪者の武装を解き、方向性を失わせる場合に有効であり、これによって無実の市民の死を未然に防ぐことができるとの考えを示している。
アフリカ系米国人フロイド氏殺害に加担の3人の警官が出廷へ - Sputnik 日本, 1920, 25.01.2022
アフリカ系米国人フロイド氏殺害に加担の3人の警官が出廷へ
一方でAP通信は、致死性ロボットの使用許可を批判する市民団体側から「警察の軍事化」につながるという懸念が表されていると報じている。実は米国では武装ロボットの使用はすでに前例があり、2016年、ダラスで警察官5人を殺害した犯人の無害化に使われている。
関連ニュース
米国 女性の権利侵害のイランの道徳警察に制裁発動
FIFA インドネシアでの2023年U-20ワールドカップに向けて安全対策を見直し
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала