インドネシア 2002年バリ島爆弾テロ首謀者が「脱過激派」に 仮釈放

© AP Photo / Radar Bali2002年のバリ島爆弾テロ事件
2002年のバリ島爆弾テロ事件 - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2022
インドネシアの裁判所は、200人以上の死者を出した2002年のバリ島爆弾テロ事件で、爆弾の製造に関与していたウマル・パテク受刑者(55)が仮釈放された。 米メディア「ABCニュース」が報じている。
パテク受刑者は懲役20年の実刑判決を受け、その半分の刑期を終えた。インドネシア当局は、同受刑者が「脱過激派」になったことから、他の過激派の「矯正モデル」になる可能性があると述べている。
パテクはもっと早い時期に釈放される予定だったが、同国で11月にG20サミットが開催されたことと、このテロ事件で88人の国民を失ったオーストラリア当局が不満を示したため、釈放に関する決定が遅れたという。
1981年に当時のロナルド・レーガン米国大統領の暗殺を試み、その後、精神の病気を理由に無罪となったジョン・ヒンクリー元被告 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
レーガン大統領暗殺未遂犯、自由の身に
パテク受刑者はアルカイダ系の過激派組織「ジェマ・イスラミア」のメンバーだった。この組織は2002年10月、インドネシア史上最大のテロ事件を起こし、202人が死亡、209人が負傷した。2011年に拘束されたパテクは、100万ドル(約1億3700万円)の懸賞金がかけられた世界で最も重要な指名手配犯の1人だった。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала