ブレント原油が続落、2021年12月27日以来の最安値

© Sputnik / Maxim Bogodvid / メディアバンクへ移行ブレント原油が続落、2021年12月27日以来の最安値
ブレント原油が続落、2021年12月27日以来の最安値 - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2022
世界の原油価格は低下を続け、ブレントとWTIはそれぞれ約3%の値下がりとなった。ブレント原油先物の価格は一時77ドルを下回り、2021年12月27日以来の最安値を記録した。
日本時間8日午前4時23分時点で、ブレント原油先物の2月物の価格は2.92%安の1バレル=77.03ドル、WTI先物1月物は3.19%安の1バレル=71.88ドルとなった。
関連ニュース
ロシア産原油価格の上限 導入する国はどこか?
【解説】勝者と敗者 ロシア産原油価格上限は世界の市場にどう影響するか
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала