EU 各国の代表らが新対露制裁パッケージを審議

© Sputnik / Alexey Vitvitsky / メディアバンクへ移行Флаги ЕС в Брюсселе
Флаги ЕС в Брюсселе - Sputnik 日本, 1920, 08.12.2022
欧州委員会のエリック・マーメル公式報道官は7日のブリーフィングで、同委員会がEUに提出した新たな対露制裁案が現在、加盟国によって審議されていることを明らかにした。
欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長は12月7日、新たな対露制裁パッケージを提案した。新制裁にはロシアのエネルギーセクターへの追加制裁の他、鉱山産業部門への投資の禁止、イランなどの第3国経由をも含め、ドローンへのロシアのアクセス封じが含められている。個人制裁は個人、組織を含めてほぼ200人を対象にしている。軍人、軍産複合体、上下院の議員、閣僚、政党、地方自治体の首長らのほか、テレビ局4 局と、銀行3行も入っている。
新対露制裁パッケージはEU各国の代表らの同意を得た後、閣僚レベルで最終的な承認を得る。制裁はEUの公式ジャーナルに公表された後、発効する。公表されるまで、制裁の対象となった個人リストは明らかにされない。
ポーランドのアンジェイ・サドシEU代表によれば、EUの次の対露制裁は12月9日にも承認されるものと見られている。これより前、EUは第9次対露制裁が2022年末までに発効するとの見通しを明らかにしていた。
関連ニュース
ガス価格の上限設定は価格上昇につながる恐れ=ICE
欧州委員会、懲役刑導入を提案 EU対露制裁違反に対して
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала