- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

日本の宇野、今季世界初の300点超で圧勝 フィギュアGPファイナル・男子

© AP Photo / Antonio Calanni宇野昌磨選手
宇野昌磨選手 - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2022
イタリアのトリノで行われているフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは10日、男子のフリースケーティング(FS)の演技が行われ、日本の宇野昌磨選手(24)が今季世界最高記録となる304.46点を叩き出し、2位に30点の差をつけてグランプリ初優勝を果たした。
前日のショートプログラム(SP)を首位発進し、最終滑走となった宇野選手。デイリースポーツなどによると、宇野選手のGPファイナル挑戦は5回目。FSの204.47点は自己ベストで、フリー200点超え、合計300点超えは今シーズン世界初となった。
© AP Photo / Antonio Calanni山本草太選手
Японец Сота Ямамото выступает в произвольной программе мужского катания в финале Гран-при по фигурному катанию в Турине - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2022
山本草太選手
宇野選手に続いて山本草太選手(22)がフリー、合計で自己ベストを更新し、合計274.35点とし2位に。SP5位の米国のイリア・マリニン(18)は4回転半を決めるなどして挽回し、3位に食い込んだ。
そのほかの日本勢は、佐藤駿選手(18)が4位、三浦佳生選手(17)が6位だった。
© AFP 2023 / Filippo Monteforteマリニン選手
Илья Малинин из США выступает в произвольной программе мужского катания в финале Гран-при по фигурному катанию в Турине - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2022
マリニン選手
女子では9日のSPで、日本の坂本花織選手(22)が首位発進している。女子のFSの演技は日本時間11日午前5時から行われる。
今大会、ペアではSP首位の三浦璃来/木原龍一組が日本勢初の優勝を果たした。さらに、ジュニアでは日本の島田麻央選手(14)が205.54点で優勝した。日本女子のジュニアGPファイナル優勝は13年ぶり。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала