- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュアGPファイナル女子SP 坂本が首位発進、2位に三原

© AFP 2023 / Yuichi Yamazaki坂本花織選手
坂本花織選手 - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2022
イタリア・トリノで開催されているフィギュアスケートのグランプリファイナルでは日本時間10日、女子シングルのショートプログラム(SP)が終了。日本の坂本花織選手(22)が首位に立った。
2022年世界選手権優勝の坂本選手は、今季ベストとなる75.86点を獲得しトップに立った。2位には、同じく日本の三原舞依選手(23、74.58点)、3位にはベルギーのルナ・ヘンドリックス選手(23、74.24点)が続いている。
日本の渡辺倫果選手(20)もトリプルアクセルに挑み、72・58点を獲得。4位につけている。
一方、ペアではSP首位の三浦璃来/木原龍一組が日本勢初の優勝を果たした。
さらに、ジュニアGPファイナルでは9日、日本の島田麻央選手(14)が205.54点で優勝した。日本女子のジュニアGPファイナル優勝は13年ぶり。
関連ニュース
フィギュアGPファイナルのSP、男子シングルとペアで日本勢がリード
「美しいサムライ」 ロシアのスケートファン、スケート・アメリカの坂本選手の演技に感動
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала