キックオフまでの残り時間を示す公式カウントダウン時計の周りに集まる人々 - Sputnik 日本, 1920, 16.11.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
カタールで11月20日から12月18日まで開催される2022FIFAワールドカップは、今回初めて中東で開催される他、北半球で秋から冬にかけて開催されるのもこれが初となる。

オランダ代表、メッシ選手の言動に失望

© Sputnik / Alexander Vilf / メディアバンクへ移行オランダ代表、メッシ選手の言動に失望
オランダ代表、メッシ選手の言動に失望 - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2022
オランダ代表のヴォウト・ヴェフホルスト選手(FW)は、サッカー・ワールドカップのカタール大会でベスト4を決めるアルゼンチン代表との試合後、リオネル・メッシ選手と握手、ユニフォームの交換を希望したものの、メッシ選手はその腕を振り払い、侮蔑的な言葉を投げかけた。スペイン紙「マルカ」が報じた。
9日に行われた準々決勝のアルゼンチン対オランダ戦では、2-2の同点で迎えたPK戦をアルゼンチンが制し、準決勝進出を決めた。
試合中、選手らがトラブルになる様子は何度か確認されていた。試合後にはメッシ選手がインタビューを中断し、ヴェフホルスト選手を「馬鹿野郎」と罵る様子が見られた。メッシ選手によると、ヴェフホルスト選手の目つきが気に食わなかったという。また、メッシ選手は試合後、オランダ代表の監督に詰め寄るシーンも見られた。
北朝鮮メディア、ワールドカップで韓国代表の負け試合だけを放送 - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2022
FIFAワールドカップ・カタール2022
北朝鮮メディア、ワールドカップで韓国代表の負け試合だけを放送
ヴェフホルスト選手の言葉を「マルカ」は次のように報じている。

「私は試合後、握手したかった。というのもサッカー選手として彼をとても尊敬しているからだ。しかし彼は私の腕を振り払い、話をしようとしなかった。私はスペイン語が分からないが、侮辱的な言葉を放ったようだ。これには失望した、とても失望した」

ヴェフホルスト選手はトルコの「ベシクタシュJK」で活躍し、アルゼンチン戦では同点ゴールを決めた。
アルゼンチン対オランダの試合はイエローカードがコーチ陣含め18枚飛び交う、非常に荒れた内容となった。
関連ニュース
W杯・ブラジル敗戦で喧嘩? 試合直後に発砲で17歳少女死亡=サンパウロ
ブラジル代表スタッフ、クロアチア戦前の記者会見で猫に「暴力沙汰」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала