ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国、ウクライナへの「パトリオット」供与を準備 あらゆる困難にもかかわらず

© AFP 2023 / Janek Skarzynski 防空システム「パトリオット」
防空システム「パトリオット」 - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2022
米CNNは13日、米当局はウクライナに高性能の防空システム「パトリオット」を供与する計画を準備しているが、それには輸送をめぐる問題が伴うほか、パトリオットそのものは数か月の訓練を要すると報じた。
この計画には、米国のオースティン国防長官とバイデン大統領の承認が必要。計画が承認されればパトリオットは数日中に輸送される可能性があり、ウクライナ人はドイツの米軍基地で使い方の訓練を受けるとみられている。
CNNは消息筋を引用し、パトリオットは弾道ミサイルや巡航ミサイルの迎撃に有効であり、ウクライナ領土から遠く離れたミサイルや航空機も撃墜できるため、東欧の北大西洋条約機構(NATO)加盟国の領空の安全確保に役立つと指摘している。一方、パトリオットの輸送をめぐる問題は大きいという。
スティンガー地対空ミサイルランチャーを携行する米海兵隊員  - Sputnik 日本, 1920, 05.12.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
数年分の兵器在庫が数カ月で消費 米国軍需メーカー、ウクライナへの供与による兵器状況の現実を語る
何基のミサイル発射装置が送られるかは今のところ不明。パトリオットは通常、標的を検出して追跡するレーダー、コンピューター、発電装置、射撃管制装置、最大8基の4連装ミサイル発射装置で構成されている。適切に操作するためには数十人を必要とする。
スプートニク通信は先に、「パトリオット」の生産ラインが初めて米国外に設置される可能性があると報じた。生産ラインをドイツに設置することが提案されているという。
関連記事
自国を犠牲にしてまでウクライナを支援すべきでない=仏政治家
米国は今後、ウクライナにロシア領への攻撃をしないよう求めない
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала