EU加盟国 「欧州最大の気候変動対策法」に合意

© AFP 2023 / Emmanuel Dunand欧州連合の旗
欧州連合の旗 - Sputnik 日本, 1920, 18.12.2022
ヨーロッパの産業界は、早ければこの10年で二酸化炭素排出量を削減しなければならなくなる。欧州連合(EU)加盟国が「欧州最大の気候変動対策法」の一環として、排出された炭素に価格を付ける「炭素市場」を支援することで合意したためだ。ブルームバーグが報じている。
同メディアによると、欧州議会は、2050年までにEU経済を気候変動に左右されないものにすることを目指す、いわゆる「グリーンディール」戦略のコアになる部分を承認した。
この合意によると、炭素排出権の取引の対象は暖房器具、自動車、海上輸送に拡大するとしている。また、EUは企業が大気汚染を削減するペースを加速させることを求めている。欧州議会の交渉責任者であるピーター・リセ氏は、この合意を「これは欧州で、いやおそらく世界でも、これまでに成立した気候変動法の中で最大規模のものだ」と述べている。
今回の合意は、2030年までに炭素排出量を1990年比で少なくとも55%削減し、2050年までに「ネットゼロ(二酸化炭素排出量を実質ゼロ)」を達成するというEUの計画の一部を構成するものになっている。
関連ニュース
欧州諸国の早期死亡の最大14%は環境汚染が原因=欧州委員会
地球の大部分が2070年までに人間の住めない土地になる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала