日本 原子力規制委員会が原発の運転60年超案を了承

© AP Photo / Kyodo News美浜原発(福井県)
美浜原発(福井県) - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2022
日本の原子力規制委員会は21日、原子炉等規制法(炉規法)の改正案策定にあたり、原発の運転開始30年後からは、10年以内ごとに設備の劣化を審査し、60年を超える長期運転を可能にする新たな規制制度案を了承した。共同通信など日本の各メディアが報じた。
現行の原子炉等規制法では、原発に対して「原則40年、最長60年」の運転期間が決められている。運転開始から40年を迎える原発は、原子力規制委員会の運転延長の審査に合格した場合に限り1回のみ最長20年の稼働延長が認可される。
新制度では、運転開始から30年を超える原発について、30年を起点に最大10年ごとに劣化状況や安全性を原子力規制委員会が審査し、それ以降の運転を認可するかどうかを決める。
福島第1原子力発電所 - Sputnik 日本, 1920, 13.12.2022
【視点】汚染土にはもう「害はない」のか?
現行の制度では、運転から40年の時点で審査中や審査に合格できなかった原発は廃炉となるが、このような原発も新制度施行後は、認可を受ければ再稼働が可能になる。
原子力規制委員会は、22日から意見公募や電力会社との意見交換を行う。1月20日以降に改正案をまとめ、2023年中に国会へ法案提出を目指すという。
関連ニュース
日本の経産省、原発最大限活用へ行動計画案提示
日本 福島第一原発事故の対応費用すでに12.1兆円 賠償額拡大の懸念も
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала