ウクライナ国連大使、米国の星条旗を「乗っ取り」SNSで炎上

© AP Photo / J. Scott Applewhiteウクライナ国連大使、米国の星条旗を「乗っ取り」SNSで炎上
ウクライナ国連大使、米国の星条旗を「乗っ取り」SNSで炎上 - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2022
ウクライナのセルゲイ・キスリツァ国連大使は米国の星条旗をウクライナ・カラーにデザインした写真をツイッターに投稿し、波紋を広げている。特に、米国人の間では、星条旗に対する不敬にあたるとし、投稿は多くの批判を集めている。
先にウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は連邦議会で演説を行った。その演説後、ウクライナのキスリツァ国連大使は米国の星条旗をウクライナ・カラーに染めてツイッターに投稿し、「彼らは必要な限りともにある」と記し、ジョー・バイデン大統領が表明した、「ウクライナと米国は一蓮托生」という姿勢に同調した。
この投稿を受けてSNSでは様々な反応が見られた。ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ報道官がこの投稿について、「我々が長年警告し、皆さんが信じようとしなかったことが実際に起こった」(米国がウクライナを自国の管理下に置くという説)と記すと、キスリツァ国連大使は星に代わって、「三叉戟」(ウクライナの国章)を挿入した写真を投稿したが、これにはさらに多くの反応が寄せられた。
「この色がいい」と肯定的にコメントするユーザーがいた一方、「ハーケンクロイツ(ナチス・ドイツのシンボル)にしろ」、「変な色を使うな」、「泥棒」、「犯罪者」、「金目当て」、「米国への侮辱だ」など、心無いコメントも多く見られた。また、「オリジナルの星条旗が一番」という冷静なコメントも見られた。
関連ニュース
ウクライナ政府は少数民族を差別、西側への合流には断固反対=ハンガリー首相
アフガンを撤退していなければウクライナ支援はできなかった=米国務長官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала