ウクライナ軍、米国が1ヶ月かけて製造する榴弾をわずか2日で消費

© US Armyウクライナ軍、米国が1ヶ月かけて製造する榴弾をわずか2日で消費
ウクライナ軍、米国が1ヶ月かけて製造する榴弾をわずか2日で消費 - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2022
ウクライナ軍は米国が1ヶ月の間に製造する155mm榴弾をわずか2日間で使用してしまっている。米紙ワシントン・ポストが報じた。
155mmの榴弾はNATO(北大西洋条約機構)規格となっている。米国はウクライナに対し、M777榴弾砲を供与し、その榴弾も定期的に提供している。ウクライナ軍はこの榴弾をドネツク州、及びルガンスク州の各地域で使用している。
ウクライナと米国は真の同盟国、次は戦車と戦闘機の供与が必要=ゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2022
ウクライナと米国は真の同盟国、次は戦車と戦闘機の供与が必要=ゼレンスキー大統領
報道によると、あらゆる種類の榴弾で不足が生じているという。米国では製造能力の強化が計画されているものの、現時点において製造数は1ヵ月間で1万4000発となっている。米軍の消息筋によると、ウクライナ軍はこれらの榴弾をわずか2日間の攻撃で消費するとのこと。
関連ニュース
ゼレンスキー大統領、完全勝利に向けた支援を米政府に要請
米国とウクライナは一蓮托生、ロシアの勝利は許さない=米大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала